闇金 融資

融資を申し込んだら・・・あれ?もしかしてここ闇金?そんな時には

融資を受けるのに慣れていない人にありがちな失敗があります。悪徳業者・いわゆる「闇金」にだまされてしまうことがそのひとつです。そんなつもりはなかったのに闇金に融資を頼んでしまったときにはどうすればよいのでしょうか。

金貸業者としての届出を出していないで勝手に商売をしているところを主に闇金会社といいます。届けを出していないということは違法な金利でお金を貸し付けるつもりがあるということです。一日しか借りていなくても返す金額は元金の2倍にも3倍にもなるというようなことが実際に起こります。闇金にはコワイイメージがあり、マンガやドラマでも悪いキャラクターとして使われているのはそのためです。

闇金かそうでないかの違いは一見わからないこともあります。テレビコマーシャルや電車の広告で有名な会社は届けを出している消費者金融会社です。しかしあまり聞いたことのない会社や雑誌の広告の角に載っているような会社は闇金なのかそうでないのか素人にはわかりづらいものです。

また、届出を出していたとしても悪いことをしている会社もあるのが困りものです。闇金とはいわず悪徳業者と言えばよいでしょうか。闇金も悪徳業者も私たち消費者にとっては同じように危険なものですから注意が必要なのは変わりません。

さて、こんなことがあったら私たちはどうすればよいのでしょうか。

雑誌の広告を見て融資を受けようと思って電話したら対応が少し怪しかった。でも強制的に連絡先などを言わされてしまった。やはり融資をキャンセルしようと思ってそのことを申し出たらすでに少数の金額ながらも振り込まれてしまっていた。もうキャンセルは聞かずに違法な金利での借金を作ってしまった。返せないとなると嫌がらせの電話や手紙が自宅にも職場にも来る・・・。

自分の不注意が悪かったと自分を責めて、脅迫文書でまた追いつめられて働く気もなくなってしまいます。お金がどんどん少なくなっていって不安が募るばかりです。悪循環ですよね。

このように闇金に融資を受けてしまった場合は無視するのが一番だといわれています。契約違反ですからあなたが闇金業者と交わした契約は無効なことがほとんどです。ですからいろいろなことが書かれた脅迫文書の文句には力がないのです。恐ろしいことが書いてあっても本気にする必要はありません。

無視せずに闇金に強気の態度で出たりするとかえって厄介なことになるでしょう。融資したお金も返さないほうがいいようです。とにかく関わり合いにならないのが一番です。

それでも不安なことがあれば消費者金融センターに一度相談するのもよいかもしれません。消費者金融センターや警察も闇金には慣れていますから対応策を教えてくれるはずです。