融資 金利

ごく普通のサラリーマンが低金利で融資を受けるコツ

お金を融資してもらうのならばなるべく低金利がうれしいですよね。信用もそこまであるとはいえないごく普通のサラリーマンがなるべく低金利で融資を受けるにはどのような方法があるのでしょうか。

融資を低金利で受けるにはいろいろな条件が必要です。事業資金として融資を受けるのならばかなり低金利も見込めます。しかしサラリーマンが自由に使える融資ではありません。

もしサラリーマンが株などの自宅でできる副業を行なっていたとします。しかしそれはお金を稼いでいるとしても事業資金としての融資は無理だと思います。

となると個人的な融資しかありません。個人的な融資を受ける場合のなるべく低金利な融資はどこなのでしょうか。

無担保と担保ありによっても金利は違います。担保があった場合はかなり低金利で融資を受けられるはずです。銀行では不動産を担保にしたローンが主流です。証券を担保として低金利で融資を受けられることもあります。

無担保・保証人なしの場合は銀行や消費者金融会社などのカードローンが金利が低いでしょう。もちろん事業資金などの融資に比べると金利は高いですが担保なしというのは大きな魅力です。保証人がなしなのも安心です。何より早くどこでも融資を受けられるというのが大きな魅力です。

一般的に銀行の方が消費者金融会社よりも低金利で安心感があるというイメージが強いです。実際のところはそこまで消費者金融会社と銀行の違いはないようですがやはり微妙に違うものです。しかし銀行と提携している消費者金融会社もたくさんあるのでその差は縮まるばかりのようなイメージを受けます。

また、あまりに低金利で即日融資を受けられるなどの広告には十分注意してください。自分は闇金などには絶対に引っかからないと思っている人ほど注意が必要です。融資されることに慣れてくるとアンテナがゆるくなってしまうこともじゅうぶんにありえます。