起業 融資

初めての起業で不安ばかり・・・。どこに融資してもらえばいいの?

起業するとなると相当の覚悟と精神力と体力が必要ですよね。今まで働いていた会社を辞めることにも勇気がいりますし、起業ともなると自分一人でやらなくてはならないことが山ほどあって誰に頼っていいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

起業には大小かかわらずお金が必要です。元金がなくても始められる商売など厳密にいうとありえません。自分に自由になるお金がたくさんあればいいのですが、お金がない場合にはどこからか融資してもらう必要があります。

融資というと銀行などのイメージがある方もいるかもしれません。しかし実績がないと大手の銀行は融資してもらえないことがあります。これから起業するのですから実績がないのは当たり前ですよね。確実に融資してもらう方法はないのでしょうか。

事業資金として役立つのが国民生活金融公庫による開業ローンです。中小企業などの強い味方である国民生活金融公庫は何かと助けになってくれるはずです。これはローンですから、融資を受けられたとしてももちろん返さなければなりません。

また、各市町村に起業に対する助成金の制度があるはずです。助成金は必ずもらえるものではありませんが助成金をもらえるように挑戦する価値はあります。

ただ、起業での融資について注意しておかなければならないことがあります。融資というのは借り入れです。お金をくれるのではなく貸してくれるのです。つまりいくらあなたが起業して稼いだとしてもそれは本当の意味でのあなたのお金ではないということです。

貸してもらったお金を全部返して、それでも業績を上げられるようになって初めて起業が波に乗ったといえるでしょう。そのためには相当な努力をしなければならないはずです。

ですから起業するときには始めから融資を受けない方がいいという意見もあります。自分のやりたいことが世間にどう受け入れられるのかめどが立ってから初めて融資をお願いする方が安全であり結果としてうまくいくという考え方です。

いきなり売り上げが出る仕事などほとんどありません。コツコツと続けていってなんとなくやり方がわかってくるものです。それから銀行などの低金利な融資を受けてみるのも悪くないかもしれません。